古い風習が残る自宅葬

別れの杯というのは、故人との最後のお別れという意味で、酒を回し飲みする習慣です。

各地に残る風習ですが、葬儀の始る前に行なうところも多いです。

おたち、出舟の盃、出酒などと呼び方はさまざまです。

千葉の一部のエリアでは、葬儀の際の葬列の風習が残るところがあり、食い別れの流れで酒の回し飲みを行うところが残っています。

食い別れは葬列で出棺する際に取る食事です。

古くは土葬ですから、葬列に参加して故人を送る役割の人は体力が要ります。

立飯ともいい、おにぎりに味噌、野菜などを配り、参列者と故人が最後に一緒に食事をするという風習がありました。

現在では巻きずしなどを食べるところもあります。

食い別れは故人との最後のお別れで、食事の後には実際に茶碗を割って、お別れとしたといいます。

現在では茶碗を用意して食べる真似だけをするところもあります。

自宅葬では葬列の四本旗、念仏講などを行うところもあります。

葬列の頃から続く習慣ですから、出棺の際には青竹の下を通るなどの手順もあります。

葬列のこうした作法は、境界を作ってそこから先は死者のためのもの、日常生活とは異なる世界として分ける意味合いがあったものです。

棺を三回まわしてから自宅を出る、門のようなものをつくってそこをくぐるようにして出るなどの決まりも、野辺の送りの考え方からきたものです。

葬列は霊柩車にとって代わり、葬儀は専門の会社に任せ、ご近所が総出で行うものではなくなって久しい現代ですが、千葉県でも場所によっては部分的にこうした風習がいまだに残るところもあります。