千葉県の葬儀の習慣

千葉県は東京都心部とも近く、都市的な葬儀習慣になっているエリアと、海側の地域とでは葬儀に関する考え方や環境が大きく違っています。

海岸部では古い習慣がそのまま残って継承されている地域もあります。

千葉県では、このような葬儀の習慣なのだろうと決めつけずに、会葬する前に地元の方に確認するように心がけましょう。

周囲の方の会葬マナーをよく見て、その土地の考えに合わせるのが大切です。

千葉県に特有とされる葬儀の習慣には、火葬を葬儀後に行うか、通夜の翌朝に行なって、火葬後に葬儀と告別式を行うかの違いがあります。

また、地域に根差した葬儀の習慣という点では、千葉県には地域によっては近隣住民で葬儀を出す風習が残っているところがあります。

葬儀に際して地元で組織を作り、近所で助け合って葬儀を出すというものです。

農村部などでは葬式組が機能しています。

葬儀の際に近所の人に受付などをお願いする地域は残っていますが、東京、千葉、神奈川の都市部ではほぼ見られなくなりました。

同じエリアでも町内会の考え方によって葬儀への対応も大きく違う部分ですので、同じ千葉県でも感覚が大きく違うことを前提に、失礼のないように気をつけましょう。

町内で葬儀に関して一定の決まりがあり、お手伝いをする場合には御礼などの額や品物まで決まっているところもあります。

葬儀があれば町内ではどのように対応するのかは、長く住んでいればある程度はわかりますが、引っ越しなどで後から町内会に入った場合は、どのような対応になっているのか一言聞くことで、葬儀の際に失礼をしたり恥をかいたりすることも避けられます。