千葉で行われるさまざまな葬儀のかたち

葬儀にはさまざまな形式があります。

葬儀を主催するのがどこかという視点で分ければ、家族や親族、友人、職場関係の知人、同僚など、広く故人が関わりのあった人に会葬してもらう従来型の葬儀です。

場合によっては家族葬よりも負担も少なく、故人を知っている人に広く見送ってもらうことができます。

社葬は、会社が葬儀を行うものです。

一般に親族による葬儀が終わってから日を開けて、故人が残した社会的な功績をたたえ、仕事を通じてお世話になった人に対して行います。

千葉県では社葬の規模は大きく、葬儀社の選択も重要になります。

★おすすめリンク⇒千葉県での葬儀なら【博全社】

合同葬は会社と遺族が合同で大規模な葬儀を行うものをいいます。

合同葬を行う前に、密葬で遺族や親族だけで内々の葬儀を終わらせておきます。

密葬は広く公に知らせずに葬儀を行うことです。

密葬だからといって、親しい人が千葉まで会葬したいと言われたら、お断りすることはしません。

密葬に近い言葉に家族葬というものがあります。

こちらは故人と近しい人だけで行う小規模な葬儀という意味です。

必ずしも家族だけが会葬するというものではありません。

お別れ会や偲ぶ会は葬儀という言葉を使わずに行う葬儀です。

花祭壇を設け、音楽葬などの形をとるなど、特定の宗教感にこだわらないのが現代風とされる葬儀の形です。

音楽葬は自由葬などと言われることもあります。

生前に故人が趣味や生きがいにしていた音楽があれば、演奏家に来てもらったりして、葬儀の際に故人の好きだった音楽を流すというものです。